ねこせんのライフスタイル 生活はつづく

日々の暮らし、人生、節約術

Googleカレンダーで日記を書く

はじめに

私は、日記を昔から書いてます。過去に記事を書きました。

since1974.tokyo

手書き時代→スマホEvernote時代→Excel時代→アプリ100年日記時代

という感じです。最後のアプリはEvernoteと同期してたんですが、Evernoteが有料でないとだいぶ制限がかかるようで、100年日記アプリもいつまで使用できるかわからないし、iPhoneしばりになってしまうので、最終的にGooglekeepに書く事にしました。

since1974.tokyo

Googlekeepで特に問題はないのですが、日記を見返すという点では見づらいです。日付を検索すれば出てくるんですけどイマイチです。そこでGoogleカレンダーでも日記が書けることに気づいたのです。

日記

 

なぜGoogleカレンダーで日記を書くのか?

Googleカレンダーは多くの人が予定管理に利用していますが、実は日記を書くツールとしても非常に優れています。以下のメリットがあります。

  • 使いやすさ 直感的な操作で簡単に日記を追加できます。
  • マルチデバイス対応 スマホ、PC、タブレットからいつでもアクセス可能。
  • 自動バックアップ クラウドに保存されます。
  • 無料で利用可能 追加費用なしで利用できます。
  • 検索できる  日付のテキストを入れて置けば過去の同じ日を一覧で表示できる
  • 継続するサービス Googleカレンダー未来まで残りそうなサービスに感じる
  • 見やすい  カレンダーに日記を書くわけですから振り返りやすいです。

Googleカレンダーで日記を書く方法

パソコンにブラウザからでも、スマホのGoogleカレンダーアプリからでも同期されます。(iPhoneでもGoogleカレンダーアプリあります。)

スマホで説明します。

1 右下の十字マークを押す



2 予定を押す



3 タイトルをつける。(その日の印象的なことなど)



4 時間を終日にする (スケジュールの一番上に表示されます。)

5 マイカレンダーの選択(私は日記専用を作ったのでそれを選択)

6 「説明を追加」に日記を書く(0624など入れておくと検索で過去の同日一覧が表示できる)


7。日記の表示はこんな感じ

月別の表示 



以上です。こんな感じで日記を蓄積していこうと思います。おそらくこれが、私の日記を書く方法の完成形になると思います。

 

最後に書籍「日記の魔力」からのお気に入りの一文です

日記は自分を知り、よりよく生きるためのものだ。大切なのは自分にとっての意味である

日記の魔力

日記の魔力

Amazon